Archive

Posts Tagged ‘社会’

6月
04

 

 

チームワークが悪い

 

・周囲から何か言われると信用し大事なものを失う

 

・嫉妬が強い

 

・他人の昇進昇格を喜べない

 

・他人を称賛できず、自分だけをほめたい

 

・他人の成功や出世は喜べない

 

・何事にも根気が足らない

 

・自ら行動ができない

 

・何もせず楽な生活をしたい

 

・金が入っても計画的に使う事が出来ず浪費する

 

・長期利益より目先のお金

 

・余り仕事をしないでも毎月給料が入る公務員になりたい

 

・自分の意見を纏める事が出来ない

 

・古い考えから抜け出せない

 

・変革するための教育ができない

 

・他人にアドバイスするが自分は出来ない

 

・自分が失敗した時他人も失敗してほしい

 

・失敗は運命

 

・貧しい経験で全てを決めてしまう

 

・自分の意見に合わない人は疎外する

 

・普段の努力が足りないため多くのチャンスを逃している

 

・他人の事ばかり気になる

 

・行動せず話だけで時間が過ぎる

 

・人生全てが金

 

・成功するためには他人の事はお構いなし

 

・知識が有ってもそれを使う知恵が無い

 

・仕事を他人に教えず後輩を育てない

 

 

筆者が気が付かない事を追加すれば

 

・時間がルーズ

 

・約束を守らない

 

 

日本人にも当てはまることは多々ありますがこの様な考え方の割合が多いのがミャンマー人だそうです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
25

 

 

日本の技術を教えてほしい

 

日本の品質管理を教えてほしい

 

日本の経営手法を教えてほしい

 

 

ミャンマーの人たちから見ると日本の製造技術や管理手法を取り入れ、

 

事業を飛躍的に伸ばしたい気持ちは良くわかる。

 

 

これまでも何件かのプロジェクトに関わったが、

 

行く先はいつも同じパターン

 

 

技術や管理手法を教えても

 

目先の利益を追求して教えを守らず、

 

結果はミャンマー品質。

 

 

小生が関わった宅地造成プロジェクトでは日本品質と謳いながら

 

設計を無視してミャンマー品質。

 

日本品質を目指していたのが最後はミャンマー品質なるパターン。

 

 

見栄えは非常に気にするが強度や耐久性には金は掛けない、

 

と言うよりそんな所に金は掛けるのがムダ金だと思っている。

 

この思想から改めない限り日本品質の物づくりは出来ない。

 

しかしこの変革は非常に難しいと思う。

 

 

*このようなマヤンマー人ばかりではない事を付け加えておきます。

 

ミャンマー人気ブログランキング

caption=がとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
24

 

 

帯電話サービス首位のミャンマー郵電公社(MPT)の総利用者数がこのほど、2,000万人に到達した。住友商事が20日に発表した。MPTは2014年から、住友商事とKDDIの支援を受けて事業を運営している。
 競合のノルウェー国営通信大手テレノールとカタール系Ooredooは先月、3月末までのミャンマー国内の利用者数がそれぞれ1,547万人、690万人になったと発表。MPTと合わせた3社の総数は計4,237万人となり、総人口に対する携帯電話普及率は8割超に達した。 引用終わり

 

 

SIMカードは確かに4237万枚売れているだろうが、

 

総人口に対する普及率の意味が有るだろうか。

 

 

150円で買えるSIMカード、ヤンゴンでは多くの人が2枚は持っていて使い分けている。

 

私の友人はMPT3枚とテレノールとOoredooを1枚ずつ5枚持ち歩いている。

 

MPTはGSMやCDM<CDMAと3種で地方に行けば電波状況の良いSIMを選んで使う。

 

因みに我が家は5人ですがSIMカードは9枚持っている。

 

推測ですが実感として普及率は40%以下だろう。

 

 

それにしてもMPT最近繋がりが悪いぞ!

 

最近はOoredooが繋がり易いとの話もチラホラ。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
10

 

 

ミャンマー通と称する学者、評論家、コンサル、ボランテア、ここ数年の増加には驚く。

 

中にはミャンマーに数回来てミャンマー通のような顔をしているコンサルもいる。

 

この中には国名や地名をまともに書けない輩が多く日本人として情けない。

 

ミャンマーをビルマ、ヤンゴンをラングーン、エヤワディ川をイラワジ川と平然と表記する。

 

日本通の外国人研究者が日本を大和、東京を江戸、北海道を蝦夷と表記したら日本人は喜ぶだろうか、いや否だ。

 

 

 

誤表記する人の中には軍事政権=悪 アウンサンスーチー女史=良、として軍事政権時代に改名したものを使うのは文化人らしくないとの思想が有るように見受けられる。

 

また、中には古い表記を使うことは古くからミャンマーにかかわった証だと思い込んでいる人もいる。

 

 

 

いずれにしても外国の国名や地名を正しく表記出来ないのはその国、国民に対して失礼ではなかろうか。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

4月
20

 

 

熊本地震はまだ予断を許さない状況で被災者の皆様はこれからも大変な状況が予想されます。

 

現地は被災者も支援者も大変なご苦労をされていると思います。

 

 

 

親切心で現地入りを望んでいる人、すでに乗り込んでいる人、行政府の要請で乗り込んでいる人も多数いると思います。

 

 

 

私はここで冷静に考えてみたい。

 

食料他あらゆる生活物資が不足しているとき、外部の人が入り被災者に回るはずの物資を消費していないのだろうか。

 

被災地に入る人は自己完結型の以外の人は現地に何らかの迷惑を掛けてしまうことを自覚すべきでしょう。

 

支援で現地入りする人は食住や移動手段は自分でかくほする。

 

支援に入って支援されてしまうのでは冗談にもならない。

 

マスコミや専門かと称する人たちは特に注意すべきだろう。

 

代表が入れば其々の役目は果たせると思うのだが。

 

自分のビジネスの為に他人に迷惑を掛けるなどとんでもない話だ。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

4月
19

 

 

 

ミャンマー政府は4月8日と17日の2回に分け政治犯を含む218人の囚人に恩赦を与え釈放した。

 

釈放されたのは政治犯が多いとの報道だが正確な数字は把握出来ない。

 

政治犯とテロリストの区別はどのようにしているのだろうか、

 

詐欺や傷害罪の囚人が政治犯として取り扱われていないか、

 

これは4年ほど前に問題になり解決されたとの報道はない。

 

一般犯罪者の家族が賄賂を使い司法当局や人権団体にうちの息子は政治犯だと訴え、

 

政治犯リストに入れてもらう工作が流行ったそうだ。

 

政治活動の一環としてテロ活動をした、だから俺は政治犯だと名乗る輩も多いと聞く。

 

 

 

恩赦の中にテロリストや傷害罪の囚人がまさか入っているとは思わないが、もし入っていたとすれば治安の悪化を招いてしまう。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

4月
10

 

 

観光地を何気に散策していても、習性でミャンマーと比較してしまう。

 

特に道路交通は気になる。

 

日本の場合どんなに狭い道路でも区画線で道路を表示している、

 

ミャンマーは都会でも幹線道路以外でもたとえ4車線でも区画線がない道路が多い。

 

故に、区画線がある道路でも車線区分線を跨いで走行している車が多い。

 

また、日本の道路には穴などの危険要素はほとんどないが、ミャンマーの場合穴や、側溝のふたが壊れている、大きな段差があるなど歩行者でもよほど注しないと危険だ。

 

ミャンマーでは歩く時にも自己責任の範囲は大きいことになる。

 

路地に入っても清掃されているのが日本の道路で、露店は祭りなど除きほとんど見かけないが、ミャンマーでは至る所に露店があり賑やかだ、これらの露店はミャンマー人の生活を支えている。

 

 

 

日本の街角は都会も地方もよく言えば静かな大人の世界だが、ミャンマーに比べ活気が無い。

 

特に子供たちが元気よく泥まみれになって歓声を上げ遊んでいる姿はほとんど見かけない。

 

 

 

この姿が両国の20,30年後にどのような影響が出るのだろうか。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

4月
01

 

 

民主主義とは決められた範囲の中で自由であり、自分勝手に自由を解釈することは出来ない事を理解していないミャンマー国民が多い。

 

 

アウンサンスーチー女史率いるNLDの新政権が昨日発足した。

 

新政権に対して心配や懸念はこの際蓋をして、

 

ハネムーン期間100日は成り行きを見守りたい。

 

 

国民が期待したNLD政権が発足したわけだが、

 

国民の意識が民主主義に本当に移行したのかはなはだ疑問だ。

 

 

最近の風潮を見聞きしていると

 

権利は主張するが義務を果たそうとする意識は非常に希薄。

 

 

アウンサンスーチー女史は「規律と民主主義」と「規律と経済発展」を訴え

 

一方、軍が「規律ある民主主義」を訴えている。

 

 

規律についてはミャンマー全国民全く持ち合わせていないと言っても過言ではない。

 

政府・指導者が変わっても国民一人一人が変わらない事には国が変わらない事が分かっているのだろうか。

 

自分はやりたい放題をして、国にはあれをしてくれ、これをしてくれと言っても、これはただの身勝手に他ならない。

 

 

規律を守る国民を育てるには強権的なことも含めかなり強い指導力が無ければ難しいだろうが・・・

 

将来東南アジアで抜きん出た国家に発展させるためにはこれも必要かもしれない。

 

 

世界を見渡すと規律を守れない国民が多い国は『民度が低い』との評価を受けているようだ。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

3月
31

 

 

工場用地を地元町役場の方に依頼し探していたら、

 

120フィート×200フィートの土地が有るとの連絡。

 

言い値は2割くらい高いと思ったが、

 

その土地を交渉する事にし、売りたい場所を測るよう依頼した。

 

その後の連絡で、120フィート×80フィートであることが判明した。

 

 

前回の候補地も2エーカーと言っていたが実際は1.2エーカーしかなかった。

 

自分の土地の面積を全く把握していない、ミャンマーの田舎人。

 

こんなことでは商才に長けた華僑や印僑に簡単に騙されてしまう。

 

識字率は高いと言いながら、地方に行けば真ともに読み書きできるのは2~3割、

 

これも教育の問題で、政府は本気で教育の底上げを図らなければ単純労働者の供給しかできず、

 

後発途上国からの脱皮は難しい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!