Archive

Posts Tagged ‘社会’

8月
31

 

ダーカ川はエヤワディ管区内を流れるエヤワディ河の支流。

 

この川の流域だけで2万人の被害者が出ていると聞く。

 

現在でも田んぼは1mほど浸水しており、昨日からまた水位が上昇して警戒警報が出ている。

 

浸水した集落の住民は高台に仮小屋を作り避難している。

 

高台といっても水がつかない程度のところ。

 

この地域の浸水は大小の差はあれ毎年のことだそうで、

 

農民は避難生活には慣れているが住環境は極めて劣悪、

 

そして洪水の影響で1期作しかできず農民の暮らしは貧しい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

湖ではなく本来は田んぼ

湖ではなく本来は田んぼ

 

孤立した小学校

孤立した小学校

 

避難所

避難所

 

8月
29

 

田んぼと田んぼの間にある幅2尺(60cm)程度の道のこと畦道という。

 

畔のことを『くろ』とも言う。

 

子供のころ学校帰りに畦道を通り近道をしたり

 

ドジョウを捕ったりし遊びながらの帰宅は、

 

登校時間の2倍はかかった。

 

昨日ミャンマーの畦道を10分ほど歩いたが、

 

何か違和感があった。

 

畦道が草ぼうぼうで非常に歩きにくかった。

 

子供のころの日本の畦道は綺麗に草刈りがされ子供でも歩きやすかった。

 

そして畔の端には豆などが植えられ整然としていた。

 

『整然』と『雑然』の違い。

 

ミャンマーの畦道

ミャンマーの畦道

 

下の写真はヤンゴン~パテイン間鉄道です。

 

建物はサックイン駅。

 

線路の凹凸左右のブレが大きいのが良くわかる。

 

DSC04654

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

8月
17

 

インフレが続くミャンマー、

 

それに追い打ちをかけるような全国規模の洪水被害。

 

コメ、食用油、肉類、野菜の高騰が大きく。

 

ヤンゴンの物価は

 

米:67000ks(最上級米48kg)

 

食用油:7500ks(1.6kg)

 

豚肉:9500ks(1.6kg)

 

これらは1月前の20%以上のUP率。

 

災害時の便乗値上げもあると思うが、コメや野菜の農作物は水害により収穫が減り今後の値上がりが懸念される。

 

ミャンマー政府は国民全の生活安定化のため便乗値上げには十分な監視を怠らないようにしてほしい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

8月
15

 

与党USDPのお家騒動、少数民族の和解問題、そして大規模洪水被害。

 

11月の総選挙ではNLDが優勢。

 

NLDが政権を担当したときの政権運営能力は。

 

洪水被害者支援が行き届いているのか。

 

心配すればきりがないのだが・・・

 

どの政党が政権運営しても

 

  • 汚職がなくなるか

  • 企業や個人が不正に取得した国有財産を取り戻せるか

  • クローニー企業と政治家が決別できるか

  • 長期を見据え本気で教育改革ができるのか

  • 民衆受けする施策より国益にかなう確実な施策をできるか

挙げればきりがないが・

 

国民は一夜にして豊かになるとか、民主化できるとか過剰な期待を持たない、持たせないことが重要だと思う。

 

国民自身も自分の不幸を他人の責任に転嫁せず地道な努力が必要だと思う

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

8月
11

 

今回の洪水被害はサイクロンナルギス時に比べると被害状況などの情報が格段に多く、

 

その情報で募金活動や現地支援が民間ベースで早くから活動している。

 

特にSNS等のインターネットを使った情報で、被災状況がリアルタイムで発信されている。

 

これはサイクロンナルギス当時と比べ携帯電話サービスの充実が大きい。

 

 

当初ザガイン管区の被害が大きいとSNS等で流れ、多くの市民がこの地に支援に向かい支援がかなり行き届いたので、

 

ザガイン管区の支援より今は当初情報が少なかったエヤワディ管区の支援に回ってとの政府からの要請もある。

 

全国の被災状況を的確に把握しその情報を随時提供するシステムの充実は今後の課題ではなかろうか。

 

日本人から見れば支援が遅いとか目につくことはたくさんありますが、7年前から比べると格段の進歩があることは確かです。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

8月
10

 

『テインセィン大統領は6日、ミャンマー中央部を流れるエヤワディ河が氾濫するおそれがあるとして、流域の住民に避難勧告を出す。』

 

エヤワディ河:

 

ミャンマーで最大かつ最も重要な河川、ヒマラヤ山系の南端を源泉とし、ミャンマー中央部を南北に流れ全長2170km、流域面積41万㎢。

 

ミャンマーの河川には日本の様な堤防はほとんどなく、局部的に低地を防御するための堤防はあるが排水機能を備えていないためあまり堤防の役割はしない。

 

昨今のエヤワディ河は上流からの土砂で河床が上がり水深が浅くなり水運にも支障きたしている。

 

この現象は河川の有効排水量が減少していることを示しているので、今回のような豪雨時には洪水を起こしやすくなる。

 

 

河床が上がった主な原因は上流森林の盗伐等による荒廃と

 

2年前に完成したチャウピユ~昆明間のガス・油パイプライン工事による山肌の荒廃により土砂が流れ出しエヤワディ河に堆積した。

 

小生は2年前からこのようになることを懸念していたが、実際起こってしまい非常に残念だ。

 

特に中国が工事を行ったガス・油パイプライン工事の施工は杜撰で土砂流出防止工事は行なわれておらず数百kmの間で土砂が流出してエヤワディ河に堆積する。

 

この様な事を考えると今回の洪水被害は一部人災の可能性も否定できない。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

 

 

崩壊が進む川岸

崩壊が進む川岸

8月
05

 

ミャンマーで全国規模といっても過言ではない今回の洪水被害。

 

ミャンマー国内では互助精神で支援の輪が広がっている。

 

日本国内でも募金活動が始まっている。

 

しかし、集まった支援物資をどのようにして被災者に届けるか、届ける手段はあるのだろうか。

 

ヤンゴンの秘書から7日から3日間ほどザガイン管区方面に支援に行きたいとの相談があった。

 

行くのは構わないが

 

・ザガインまでどのようにして行くか

 

・孤立している被災者にどのようにして支援物資を届けるのか

 

・3日間の自分たちの生活(食・住)はどうするのか

 

上記のような問いをしたら、やはり行くのは無理だとの返事でした。

 

地震や大規模水害の支援は自己完結型の組織でないと、

 

かえって被災地では邪魔になることもある。

 

食料や水不足、排せつ物の処理など現地で必要な物等を支援者が消費してしまう。

 

水が引き陸上交通が可能になるまでは全軍を動員してでもミャンマー軍が支援する体制を取らなければならないだろう。

 

小生も12日にミャンマーに帰る予定だが、今後どのような効果的支援ができるのか実施方法を検討したい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

8月
03

 

ライン河を渡るとラインタヤTs。

 

ここには大きな工業団地があり多くの企業が稼働している。

 

また大きな高級住宅団地が2か所あり、それなりの市街地も形成している。

 

反面、貧しい人たちのたまり場的な位置づけでもある。

 

地方の人たちがヤンゴンに出稼ぎに来ると取り敢えずラインタヤに住み着き日雇い仕事を探す。

 

出稼ぎ人の多くが水路の上や道路端の官有地に竹で小屋を作り住み着く。

 

水路の上や官有地を不法占拠している数は数千軒あると思われる。

 

先日も警察により数十軒の家が取り壊されたとのニュースもありましたが、

 

政府もこれといった対策もなく数が多すぎる不法占拠に手を焼いている。

 

3m四方の借家が3万ksするので出稼人は毎月の家賃が払えず、5~10万ksで不法占拠した土地にバンブーハウスを作れば安上がりとなり不法占拠の数は増えるばかりだ。

 

官有地の不法占拠が増えるのは貧しさゆえの事なので、この解決には時間がかかりそうだ。

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!

7月
29

 

“Transparency International” が毎年発表している腐敗認識指数のランキングでミャンマーは175カ国中156位(2014年)となっており

 

現在のテインセィン大統領は清廉な政治家であり、国内外の評価も高い。そのため、今後も現状の政策が堅持されるものと見られる。しかし、現政権の方向性が変更または頓挫するような状況となった場合には、投資環境が急激に悪化する恐れがある。  引用終わり

 

上記のランキングが正確なのか分からないが清廉度が高いといい難いミャンマー。

 

多くの国民が賄賂政治に不信感を持ち、政府を信用しないようになっていることは確かだ。

 

政治家や高級軍人官僚を非難している国民も、中流以上になると賄賂政治に加担していることに気付いているのだろうか。

 

政府の窓口に行き多くの人が順番待ちしているのに窓口担当者にお小遣いと称してお金を渡し順番を繰り上げさせている。

 

賄賂を受けて取る政治家や高級軍人官僚も悪いのだが、非難する国民自身も悪いことをしていることになる。

 

チップ文化の延長線がこのような文化を作り上げてしまったのだろうか。

 

いずれにしてもミャンマー国全体の清廉度をUPしなければ正常な発展が危ぶまれる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

いつもご拝読有難うございます、お手数ですが 応援クリックお願いします!