Archive

Posts Tagged ‘社会’

11月
09

『商人は蟻の如く身を養ふようにつとむべし』と江戸時代の渡世肝要記に書かれている。

 

蟻は正しく義のある虫なり。終日、往来して食物を求め、穴の中に貯え置いて、冬の用意とする。おのれの求得たる食なれとておのれひとりの食とせず。穴に住る衆とともにする。

 

故に虫偏に義を添えたり。

 

一方江戸商人が嫌った虫は蜘蛛であった。

 

『蜘蛛は智謀ありて、物の命を誅罰する』この故に虫偏に知の字を添え、また誅の字を略し朱の字を付けた。

 

町人は謀を悪むべし。蜘蛛の如く、網を張り居ながら物の命を取って食するたぐいひの事あるべからず。

 

 

上記は江戸商人(元禄以降)の心意気を現した言葉である。

 

現在の日本、あるいは世界のビジネスマンは如何だろうかと思った。

 

残念ながら今のご時世蜘蛛型人間でなければ・・・

 

でも、蟻型人間は一時の大成功なくとも長続きするだろう。これが江戸商人の目指した商法。

 

ミャンマー人にもこの話しを聞かせ、一時の金に目がくらむことなく地道に努力することを勧めたい。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

11月
07

多くの人はミャンマーはまだまだ情報が少ないと言う。

 

確かにその通りだと思うし、政府関係などは情報が少ないので一層情報が少ないと感じるのだろう。

 

個々の情報はかなり出ているがそれを綺麗に纏められた資料が無いと言う事だろう。

 

ある本で読んだが、世界各国の情報機関(CIA,KGB、MI6,モサド等々)の情報は95%が公開されている資料からだそうで、のこりの5%が特殊エージェントが収集するそうだ。

 

ミャンマーでも全く同じことが言えて、新聞やテレビ、雑誌等で発表された記事を丹念に根気よく情報収集すれば殆どのパズルは正解に近い回答を得られる。

 

しかし、これは時間と金がかかり殆どのミャンマー駐在機関は行っていないのが現状だと思う。

 

情報には素人の小生でも十数年蓄積された資料からミャンマーが薄ボンヤリだが形は見える気がする。

 

新情報が入手できたときそのニュースの背後関係は蓄積された情報資料から導き出すこともできる。

 

今時はコンピューターに資料を入れておきさえすればが、関連情報資料を即座に出してくれる。

 

コンピューターに疎い小生は、情報が有るのは分かっているが、纏め方が悪いのか即座に関連情報資料は出てこなく、探すのに苦労をしている。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

11月
04


ミャンマーの電力発電公社が運営している、ヤンゴンのタケタ地区にあるタケタ複合火力発電所を改修する工事を丸紅の子会社丸紅パワーシステムズが25億円で請負契約を結ぶ。

 

資金は国際協力機構(JICA)からの円借款で全額賄う。

 

現在の発電出力2万4000キロワットから、3倍弱の6万6000キロワットに向上させる。

 

kw当たりの改修費6万円弱と格安、因みに新設のパアンの石炭火力は22万円。

 

完成は2年後。

 

最近発電所建設の話がようやく出る様になったが、今時建設計画が500kw程度出てこないと何時まで経っても電力不足は解消できない。

 

電力料金の値上げも思い切って最低でも2倍程度にしなければ、設備投資もままならない。

 

値上げすることにより国民が節電に目覚める効果もあると思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

11月
01

自分の家に男を連れ込みベットINしていた2人が夫の通報で警察に逮捕された。

 

浮気して浮気相手を妊娠させてしまった。

 

若い男と駆け落ちした人妻 。

 

淫行でに妊娠したら闇の中絶屋で3万ksで中絶する。

 

男女間の問題が多発している今日この頃のヤンゴン。

 

スマホで種々の情報が入り、自分も経験してみたくなる、性欲を抑えきれず淫行にはしる。

 

押さえつけれれていた重しが取れ、何でも自由だとの風潮が蔓延して遊ぶための金欲しさから体を売る女性、

 

スリや強盗、詐欺を働く男ども。

 

これが敬虔な仏教国の人々かた疑いたくなる。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

10月
30

『稼働率』商売をしている人にとっては大変重要な数字だ。

 

稼働率63%が多いか少ないかはその業種によるだろうが、

 

ここに掲げる63%は10月11月12月のミャンマーの暦による稼働率だ。

 

1ヶ月10日余が休日になる、つまり2日働き1日休みとなる。

 

日本の祝祭日も多いが、ミャンマーはそれ以上に多い。

 

しかし、本当に休めるのは公務員と大手企業位で、多くの一般市民は働く。

 

特に日給制の労働者は働かなければ金は入らないので政府指定の祝祭日はあまり関係ない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

10月
29

秘書の知り合い、と言っても挨拶する程度だが、

 

彼から借金の申し込みが有った。

 

使い道を聞くと驚くことに、娘が出家修行をしたいのでそのために使う金だそうだ。

 

秘書は借金して出家修行しても何もならないと30分も説得していた。

 

借金してお布施をする、借金をして出家修行することはミャンマーではよくある事らしいが、何かがおかしい。

 

お釈迦様は借金までして信仰心を上げろとは決して言っていない。

 

この現象はミャンマー宗教界が悪いと私は思っている。

 

来生の恐怖を植え付け寄付をさせるパターンは最悪ではなかろうか。

 

貧しい人を救うのが本来の宗教のはずだ。

 

日本にも沢山いる生臭坊主がミャンマーにも少なからずいることの証明かも知れない。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

子供の得度式

,

10月
28

相変わらずのヤンゴンの渋滞、ダウンタウンだけではなく郊外にも広がりつつある。

 

交差点の渋滞には物売りが大勢いる。

 

水、タバコ、果物、お菓子、おもちゃ等々を車の隙間を走り回り売りさばく売り子。

 

売り子は大人の男女、子供の男女区別なくいる。

 

20人以上の売り子のいる交差点もある。

 

たいてい元締めが居てそれを各売り子が売りさばく。

 

ヤンゴンの主要交差点を100箇所としてそこに10人の売り子が働けば1000人となる。

 

中堅どころの縫製工場と同じ人数になる。

 

好きな時間に働け、老若男女関係なく働ける、ミャンマー人好みの職場かも知れない。

 

しかし交通事故という危険が付きまとう事も事実です。

 

この様な現象は10年前には殆ど見なかったので、渋滞が雇用を生んでいることになるのだろうか。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

雨の中を売り歩く売り子

,

10月
26

食品医薬品局のThan Htut局長は、「現在、食品、医薬品、化粧品、医療機器の4つの法律分野を改正しようとしている」と述べた。その名称は「全国食品法」から「食品法」に変わる。 

 

さらに、国民食糧法、薬事法、化粧品法、品質管理検査法などの法律が改正され、改正版が来年に施行される。

 

「これらの法律は、製品に関してはより良い安全性と品質を保証します。また、製品が法的基準に満たない場合には刑罰受ける」とも述べた。    引用終わり

 

 

この法律は1997年に国家食品法が制定され、2013年に改正されものをより包括的にしたものだ。

 

既にある法律でも守られていない食品や医薬品は市場に多く出回っていると思われる。

 

検査機関が少なく検査熟練技術者不足や高度な検査機器不足は闇業者を跋扈させる。

 

また、真面目に法を守り国民の安全を蔑ろにしない業者は、闇の安い製品に市場を奪われ経営を圧迫される。

 

法律が有っても守られないのが今までのパターンなのだが、

 

この法律は即命にかかわる問題なので違反業者は厳しく取り締まってほしいものです。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

,

10月
25

政府は2030年までに

 

・全国に電化を達成

 

全国に電化を達成の為には色々な問題はある、300億ドル(34000億円)の資金をどうするかであるが、

 

解決のめどはついていない。

 

外国の投資家は投資を回収して利益を上げることだが、政府の買い取り価格が安く採算に合わない。

 

 

・全ての村に全シーズン通行可能道路の構築

 

該当する道路は34800km、うち簡易舗装は2100km、橋梁(仮橋を含む)24200橋。

 

見積り工事費は53千億ks(4400億円)、ただしこの金額は村落の資金・補償協力が必要。

 

 

この2項目はミャンマーに住んでいると痛感する事項なので政府は最善の努力をしてほしい。

 

電力には膨大な資金がかかるのは当然のことで、世銀、ADB、各国のODA資金全てを投入する覚悟が必要で、外資企業に依存しない方が良い。借入金は電力料金を充当すれば確実に返済可能だ。

 

最新式石炭火力は発電コストが安く環境にも優しいのでミャンマーには適していると思うのだが・・・

 

全シーズン通行可能道路は地域格差是正には絶対条件であるが、これも資金ねん出が難しく時間がかかるようなので、一気に解決するには、

 

ガソリン税などを創設してリットル当たり30ks徴集すれば年間1000ksの税収になるのでその金に充てればと思う。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

,