Archive

Posts Tagged ‘ボランティア’

3月
01

 

 

今月からカルピスがミャンマーで発売されるそうだ。

 

最近スーパーに行くと乳酸飲料が豊富に出回るようになったが殆ど輸入品でその価格もミャンマー人にとってはかなり高価だ。

 

レストランを経営している頃カルピスを何種類か持ち込み、子供のお客様が来たとき無料でサービスしたことが有る。

 

提供した1杯のカルピスをすべて飲んだ子供は1割にも満たなかった。

 

何故か従業員に聞くと「ミャンマー人の口に合わない」と言われ、その後提供は止めた。

 

なぜ故ミャンマー人の口に合わないかは良くわからないが、

 

当時は乳酸飲料そのものが皆無の状態だったので未知の味だったかも知れない。

 

 

4年ほど前、ヤクルトとポカリスエットはミャンマーで売れるのではないかとブログで書いたことが有りますが、

 

現在両社が販売に力を入れ順調に販売を伸ばしている様だ。

 

カルピスはミャンマー人の口を捉えることができるだろうか、今後の成り行きを注目したい。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

1月
24

 

 

杉さん、ベトナムに176人の「子供」 孤児を支え28年俳優で歌手の杉良太郎さんが語る。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO11862040Z10C17A1000000?channel=DF180320167086

「売名だ、偽善だ、と批判する人はたくさんいる。首相経験のある日本の政治家に『芸能人はお金があっていいですね』と冷ややかに言われたこともあった。でもいいんです。評価もいらない。見返りもいらない。そんなものを求めるようなら社会貢献なんかやらないほうがいい」(杉さん)

 

杉さんは「社会貢献には確かにお金が必要だ。しかし、お金がなければ(活動する)時間を提供すればいい。お金も時間もない人は社会貢献する人に理解を示せばいい。それも立派な貢献だ」と話す。  引用終わり

 

 

杉さんの活動には足元にも及ばないが、小生もミャンマーで十余年育英会を主宰している。

 

杉さんの理念は小生の思いと全く同じで先のレポートは何回も読み返した。

 

杉さんはヤンゴンの日本人墓地に碑を建立している。

 

ファイブスクウェアズ育英会は友人や活動の理解者から寄付を仰ぎ細々と活動している。

 

常連の支援者からは毎年ご寄附を頂くが、静岡県菊川市のウイングホーム㈱の斎藤社長からは社会貢献だと言って会社から毎年20万円の寄附を頂くが、杉さんと同様何の見返りも求めない。

 

一方、5万円寄付しますので会社の広報に載せたいので写真を送ってください等の問い合わせも有りますが、小生の主旨に合わないのでお断りする。

 

社会貢献など黙ってするものだと思い込んでいる小生、

 

しかし、寄附を頂いた方々には活動報告だけはと思い毎年活動報告をこのブログに掲載している。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

エヤワディ管区の僧院学校

12月
11

 

 

昨日サックイン小中高校の生徒2人と先生1人が我が家にレコーダーの練習の為見えました。

 

先生は日本人2人が協力してくれました。

 

11月帰国時にレコーダーとピアニカを持参しサックイン小中高校に寄贈しましたが、

 

当然ですが演奏方法を誰も知らないので当方で教える方を探し連絡することにしていました。

 

そして昨日2人の日本人が来てくれ半日間指導してくれました。

 

懇切丁寧な教え方で、楽譜の読み方から教え半日間で聖者の行進を演奏出来るようになりました。さすが日本人。

 

サックイン小中高校には1200人の生徒がおり、この内1%の子供が音楽に目覚めてくれればと思っています。

 

有友さん小野さんお忙しい中ありがとうございました。

 

学校で合奏ができるようになりましたら是非一緒に見に行きましょう。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dsc06469

,

11月
20

 

 

一昨日エヤワディ管区のサックイン小中高校に行き。

 

ファイブスクウェアズ育英会としてピアニカ8個、リコーダー38本の寄贈を行いました。

 

今回の寄贈は沢山の人たちの協力で楽器を集めていただき持参したものです。

 

ご協力いただいた皆様には御礼申し上げます。

 

 

寄贈式には音楽がわかる先生が立ち会いまし、しかし初めて見る楽器で戸惑っていました。

 

教会でキーボードを弾いている高校生を呼んでピアニカを弾かせたが何となくなじまない感じ。

 

楽譜を読める人は居ない様だ。

 

集団で楽器演奏ができるまでには1年はかかるだろう。

 

 

先生に教える日本人を探す約束して学校を離れたが、

 

さてピアニカとリコーダーを教えて頂ける日本人方現れるのか心配です。

 

 

我と思う方是非ご協力ください。

 

ご連絡お待ちしています。

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

dsc06392

6月
18

ファイブスクウェアズ育英会2016年度活動中間報告-001

 

ファイブスクウェアズ育英会2016年度活動中間報告-002ファイブスクウェアズ育英会2016年度活動中間報告-003

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

5月
13

 

 

先日、日本の方から鍵盤ハーモニカやリコーダー100台を寄贈したいが良い寄贈先は有りますかとの問い合わせが有りました。

 

 

日本の小学生が使っていた鍵盤ハーモニカやリコーダーは子供の使用が終わればほとんど使われない、

 

これを集め途上国に寄贈して有効活用していただく。

 

この考え方は非常に素晴らしいと思いますが、

 

ただし、本当に活用されるように教育環境を整えてあげないとただの飾り物になってしまいます。

 

 

 

以前、鍵盤ハーモニカやキーボードの寄贈を希望された方に、アウンパラヒタ僧院を紹介しました。

 

この僧院には楽器演奏を教えることのできる先生が居たので、

 

即、有効に使われました。

 

 

 

ミャンマーの教育指導要綱には音楽も教えるになっているようですが、特例を除きほとんどの学校で音楽は教えていません。

 

まして、楽器を教えるとなると教える先生から育てなければなりません。

 

 

 

ミャンマーで100人の子供が鍵盤ハーモニカやリコーダーで集団演奏をしたら画期的なことだと思います。

 

想像しただけで楽しくなります。

 

 

 

もし、鍵盤ハーモニカやリコーダー100台が寄贈されたら、

 

先生に演奏方法を教える方が誰もいないのが頭痛の種です。

 

(小生楽器は全く駄目です)

 

ヤンゴン在住の日本人の方で鍵盤ハーモニカやリコーダーを演奏できる方で教えることのできる人いませんか。

 

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

13187828_1789311517965300_1075690682_n

 

DSC04116

12月
25

 

小生がアウンパラヒッタ僧院孤児院をネットで紹介してから2団体3人様から寄付を頂き総額1,795,000ksに達しました。

 

昨日もお預かりしたお金を僧院に届けてきました。

 

2ヶ月で3回の訪問でスタッフ、先生、子供たちとも馴染みになりました。

 

3日前からシンガポールの大学生ボランティア8名が1週間泊まり込みで子供たちの勉強を見たり遊んだり、また食事の世話をしていて、子供たちもいつもより楽しそうでした。

 

10時の食事は学生たちの差し入れでご飯のお代りとアイスクリームが付いて子供たちは大喜びでした。

 

小生も低学年の子供220人に僅かですがお菓子を配りました。

 

昨日は試験が終わり子供たちもホッとしていたのか、食事前には小生の周りに沢山の子供が集まり日本語を覚えたりゲームをして遊びました。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

DSC05231

 

DSC05243

 

ご飯のお代り自由とアイスクリームが出た特別な日

ご飯のお代り自由とアイスクリームが出た特別な日

12月
12

 

トンテイ群区パヤジー村にあるミンガラパラヒッタ僧院(ウ・サンダマー院長)は800名の孤児の面倒見てかつ小中学校を運営している。

 

小生も昨年から時々訪れ多少の支援をしている。

 

ウ・サンダマー院長の話では運営は厳しく子供たちも1日2食の盛り切りご飯。

 

育ち盛りの子供たちにはかなりつらい食生活かも知れないが、みんな元気に規律正しく生活している。

 

ウ・サンダマー院長から『日本人にも支援の手を差し伸べて頂きたい』、との伝言がありました。

 

これからミャンマーを訪れる方、あるいはミャンマーでビジネスをされている方、

 

○○エンターテイメントに遊びに行くのを1度減らしてご寄附願えないでしょうか。

 

例えば、お米1袋(48kg)を寄付しても25000ksです。

 

ミンガラパラヒッタ僧院では1日10袋のお米が消費さるそうです。

 

ご寄附を希望される方はご連絡下さい。ご案内いたします。

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

正面の建物は女子寮

正面の建物は女子寮

 

午前10時の食事

午前10時の食事

 

食事風景

食事風景

 

 

11月
18

 

先進国を凌いでトップに

ロンドンに拠点を置く慈善支援財団(Charitable Aid Foundation:CAF)の調査によると、成人ミャンマー人10人のうち9人が慈善団体に金銭を寄付し、半数の人が自分の時間をボランティアに費やしていることが判明した。

 

これは世論調査及びコンサルティングを行うギャラップ(The Gallup Organization)により、2014年に世界各国15万人以上の人々にインタビューした結果をまとめた「WORLD GIVING INDEX 2014」で明らかとなった。

調査は「金銭の寄付」「ボランティア時間」「見知らぬ人への助力」の3つを総合して順位を決定。ミャンマーは3つのうち、「金銭の寄付」と「ボランティア時間」で世界トップとなり、総合でも米国と並んで「世界で最も寛大な国」となった。

世界で最も裕福な国の1つである米国がトップになるのは容易に想像できるが、世界で最も貧困な国の1つであるミャンマーが同時にトップとなるのは興味深い結果といえよう。

3位以下はカナダ、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリアという先進国が続く。ボランティアでもスリランカ、リベリア、ニュージーランド、カナダ、米国を凌いでトップという結果であった。

仏教の教えや伝統に起因

2014年には世界で成人の31.5%に当たる14億人がお金を寄付しており、2013年の28.3%より増加。一方、ボランティアは21.3%から21%にわずかながら減少している。

ミャンマーの金銭寄付は91%と驚異的な高さだが、近隣国であるタイでも87%と高い割合で寄付が行われていることがわかった。

調査ではこの結果を、ミャンマーやタイに根付く仏教の教えや伝統による僧侶コミュニティへの寄付や布施よるものと分析。仏教における“徳を積む”精神にも関わりがあるのかもしれない。

ちなみに日本は世界で90位。先進国としては決して高くない調査結果となっている。これからは、ミャンマーの寛大な心を学ぶ必要があるだろう。  転載終わり

 

ミャンマーで寄付をする人のほとんどが『仏教における“徳を積む”精神』であることは確かです。

 

しかし、少々行きすぎではと思うことにしばしば遭遇する。

 

生活に窮しているのに借金をして寄付をする人が意外に多いこと。

 

日雇いでその日食べるのが精一杯なのに仕事を休んで僧院のボランティア活動に参加する。

 

徳を積んでいればお釈迦様が守ってくれるので病気にも掛からないと信じ込む人。

 

 

宗教心が薄い小生はとても考えられないことですが・・・

 

寄付をして心の安らぎを得て幸せならばそれはそれで一つの生き方だと思う

 

 

ミャンマー人気ブログランキング

ご拝読ありがとう御座いました。”応援クリックをポチッとお願いします!

 

子供の誕生祝に僧院にお布施

子供の誕生祝に僧院にお布施

 

寄付で賄われている僧院の孤児施設 800人の孤児の食費は1日80000円

寄付で賄われている僧院の孤児施設
800人の孤児の食費は1日80000円